E-COMMERCE INTEGRATION

コマースインテグレーション

オンラインでの取り扱いが増えれば増えるほど、それに応じて管理すべき項目もまた増えてしまうのが一般的です。そして、ある一線を越えてからは管理が急に難しくなります。

管理の煩雑さが成長のボトルネックにならないよう、モダンなEC運用では様々なサードパーティのシステムやアプリを利用しますが、それらがスタンドアロン(単独)で利用されている間は残念ながらあまり楽にはなりません。相互に連携してこそ、規模の拡大に耐えられるシステムになります。

コマースインテグレーション(統合)とは、利用しているEコマースプラットフォームと、会計、在庫、販売、CRM、マーケティングといった各機能との相互連携のことです。シームレスな統合は、日々の運用にかかる時間を大幅に節約し、ステップの数を減らしてミスは減らし、データや機能の断片化をなくします。

上記は、コマースプラットフォームの Shopify を真ん中に置いた場合の各機能の連携例です。それぞれの仕組みが緩やかに連携することによって、わざわざ大規模な開発をせずとも、軽量化した小さな(でも高機能な)SaaSが集合体として機能し、店舗運営をシステム化していくことをイメージしています。

もちろん、何でもかんでもデジタル化すればよいというものではありませんが、日々の営業や集客を SaaS や必要に応じたシステムに実装しなおすことで、情報のミスを最小限にし、正確な製品情報をお客さまに提供でき、最終的にはお客さまのショッピング体験を引き上げる余地は必ずあるはずです。(それでも最後まで残るアナログな業務が本当に必要なものではないかと思います)

リワイアでは、全体設計、個別支援にかかわらずお手伝いいたします。「店舗運営が分かるパートナーと一緒に要件定義したい」「”集客”のうちの Google Merchant Center の活用を相談したい」といった様々なご相談をお伺いしております。

E-COMMERCE APPLICATIONS

ECアプリ開発

コマースインテグレーションでは、中心になるECプラットフォームと、各機能を担うアプリケーションとの連携が重要になります。

使いやすいアプリケーションの充実はECプラットフォームの生命線であり、ブランドにとってビジネス拡大になくてはならないものです。

リワイアでは、Shopifyのアプリケーション開発のほか、既存のアプリケーションのリバンドル(再パッケージ化・再適用化)や、新規アプリ開発の技術支援・運用支援を通じて、EC市場の拡大に貢献いたします。

App Unity

App Unity アライアンスについて

世界175カ国で利用数が伸びているShopify、国内においてもマーチャント(事業者)は急増しています。
その一方で、国内の商習慣に適合した機能を提供する国産のアプリがまだそれほど多くないことや、複数のアプリを入れた際に、アプリ間の干渉や、テーマとアプリの干渉などの調査および解消が事業主や支援会社の大きな負担になっているなど、アプリに関するいくつかの課題が存在しています。

App Unityは、株式会社フィードフォース、株式会社ハックルベリー、株式会社リワイアの3社が、アプリ提供会社という立場からこれらの課題を解決することで、国内のShopifyのさらなる普及に貢献していくことを目指しています。

App Unityを通じて行いたいこと
1. 国内環境に適合したアプリの提供
  • 国内の環境や商習慣に適合したアプリおよびテーマの開発
  • 目的に合わせたソリューションパッケージの提供
2. アプリの各種サポート
  • アプリ間、アプリとテーマ間の干渉の解消や技術的な問題の解決
  • 標準化されたアプリのサポート体制やFAQの提供
  • 積極的な技術情報の提供、コミュニティへの参加
  • アプリのカスタマイズを通じた、よりアドバンスなアプリ利用の支援
3. 詳細なアプリに関する情報の提供
  • 目的に応じたベストプラクティスの提供
  • 国産アプリについての詳細な情報提供
  • アプリを中心としたイベント等の開催

E-COMMERCE DEVELOPMENT

ECシステム・サイト構築

「ヘッドレスコマース」と呼ばれるアーキテクチャがEコマースでは本流になりつつあります。

この、フロントエンドの顧客体験とバックエンドのデータ管理とを切り分ける設計によって、製品管理や物流管理の強い制限によって開発が重くなっていたフロントエンドは自由度を増し、Eコマースの運営は速度と品質を両立させる基盤が整いました。その代名詞とも言えるのがShopifyです。

スマートフォンや5Gなど、ユーザー環境は速いスピードで変化を繰り返しています。今やカスタマージャーニーは極端に複雑化し、サードパーティCookieの事実上の賞味期限によってデバイスやシステムをまたぐ分析は非常に難しくなりました。

そんな中、ブランドはこれまで以上に顧客体験にフォーカスする必要に迫られています。リワイアでは、その必要を満たすためのシステムとして Shopify を採用したEコマースシステムを推奨しています。

  1. デザインとデータの分離
  2. 店舗リソースとUI/UXとを切り分けて運営。機能制限から開放され、デザインの自由度が拡大

  3. スケーラビリティ
  4. アクセスの急増に耐えられるサーバーの冗長性。規模の拡大に合わせて柔軟にプランアップ/ダウンが可能

  5. 顧客体験の向上
  6. 広がり続ける様々なデバイス・環境に最適化され、SaaSとのシームレスな接続による顧客体験の改善

  7. ローコスト運営
  8. 良心的な決済手数料と管理フィーで、様々な規模のEコマース運営にマッチしたプランが選択可能

  9. SaaSとの高い接続性
  10. 集客、運営、分析といった多様なSaaSとの接続がよく、軽さを維持しながらシステム間疎結合の実現

  11. 越境ECに最適
  12. 海外から利用可能な決済システムがあり、多くの物流システムとも連携。翻訳アプリも充実

MEDIA

メディア運営

地味にメディアもやってます!ぜひご覧ください。