arrow-right cart chevron-down chevron-left chevron-right chevron-up close menu minus play plus search share user email pinterest facebook instagram snapchat tumblr twitter vimeo youtube subscribe dogecoin dwolla forbrugsforeningen litecoin amazon_payments american_express bitcoin cirrus discover fancy interac jcb master paypal stripe visa diners_club dankort maestro trash

ショッピングカート


REWIRED

「Googleで購入」の決済手数料無料化の本当のねらいとは?

「Googleで購入」の決済手数料無料化の本当のねらいとは?

by 岡田吉弘


決済手数料の無料化

2020年はあらゆる小売企業にとってたいへん忙しい年になりましたが、Eコマースに関わるプラットフォーム各社にとっても変革の時を迎えた年でした。

そのプラットフォームの主要な1社である Google が今年行った変革の中で、ひときわ大きなものに「無料商品リスティング」の世界展開があります。

PDF: shopping_free_listings.pdf

そして、その発表(2020年7月)と同タイミングに発表されたのが、「Googleで購入」の決済手数料の撤廃です。



これは、「Googleで購入(旧:ショッピングアクション)」を通じたトランザクションに対する決済手数料を販売事業者から請求しないというプログラムで、発表当時は招待制でしたが、現在は多くの事業者がこのプログラムにサインアップしているようです。※日本での展開は未定

ちなみに Facebookショップの手数料は 5%(8ドル未満の場合は40セント)、eBay は 10%(最大750ドル)、Amazon の小口セラーは1点あたり99セント(日本は1点あたり100円)+総額に対する販売手数料がかかります。

つまり Amazon をはじめ多くのプラットフォームでは一定以上の単価(と粗利)がないと利益を出すのが難しく、D2Cのような生産から販売までを担うブランド以外は成立するのが難しい構造になっています。

Googleの手数料無料化はここに風穴を開ける試みだと言えるでしょう。

共同戦線と、チャネル争奪戦

決済手数料の撤廃とセットで、Google は PayPal や Shopify のようなメジャーなサードパーティとの提携を強化しています。日本でも Shopify が Google との連携を表明していますね。



これは、コマースの巨人である Amazon、eBay、そしてコマースプラットフォームとしても脅威となっている Facebook/Instagram をはじめとしたソーシャルネットワークからの小売事業者のチャネル争奪戦がいよいよ世界的に広がってきたことを示す動きです。(Shopify や Paypal は中立国の立場でしょうが…)

Googleのコマース担当トップの Bill Ready は

With more products and stores available for discovery and the option to buy directly on Google or on a retailer’s site, shoppers will have more choice across the board.

"製品や店舗を見つける機会が増え、Google で直接購入したり、小売店のサイトで購入したりすることができるようになれば、買い物客はより多くの選択肢を手に入れることができるようになるでしょう"

と発言していますが、これは裏を返せば現状は選択肢に偏りがあるという表明でもあります。Amazon 等のライバルを意識し、独立店舗を後押しする意図がある発言だといえますね。

こっそり Amazonマーチャント向けに自動変換テーブルを提供しているのも、その証左ではないかと思います。

Amazon feed compatibility

If you’re new to Merchant Center, you’ll now be able to upload product feeds in the format you use for Amazon to your Merchant Center account (if this isn’t available to you right away, it will roll out for you soon). These feed files will be automatically mapped to work in Merchant Center. You’ll be able to use Amazon feeds in the following scenarios:

  • You have full product data and want to create products or you want to update your existing products.
  • You don't have full product information and want to match your products to our catalog or update your inventory.
  • You have data for price and quantity updates for products which have already been uploaded.
参考:Google Merchant Center Help

上記は Amazon 側の商品スキーマに対して Merchant Center 用にオートマッピングが提供されていることを示すもので、Amazonの利用者に Google を手間なく併用してもらうことを狙っています。

すべてはマーチャントセンターのために

手数料が無料化するのはショッピングアクション経由のものになりますので、広告かオーガニックかはさておき、目的は「販売事業者に Merchant Center を利用するインセンティブを与える」に集約されるでしょう。

Merchant Center にすべての情報を集めて、世界中の商品が集まるリアルタイムデータベースにするということが狙いだと思います。

ふだん我々が使っている検索エンジンも見方を変えれば「世界中のウェブサイトが登録されているデータベースにクエリを投げるための超簡単なSQL」だと理解できますが、マーチャントセンターはその商品版です。

Google はデータの集積がどのように情報化して利益を生んでいくのかを世界中のどのプレイヤーよりも理解していますので、Merchant Center に情報を集める構造をつくるために、今後もEコマース周りの進化を続けていくと思われます。

すでに2020年のホリデーシーズンも佳境に入ってきていますが、もはやシーズナリティに関係なく、2021年以降もプラットフォームの激しい進化は続くでしょう。Googleはその主要なプレイヤーの1つであることは間違いありませんので、引き続きウォッチしていきたいと思います!


この記事を書いた人:岡田吉弘

株式会社リワイアの代表です。フィードフォースの取締役とアナグラムの監査役も兼務しています。企業がデジタル的なものをうまく扱うためのお手伝いが主な仕事です。